施工例

  1. トップページ
  2. 施工例
  3. 生まれ変わった我が家一覧
  4. 生まれ変わった我が家詳細

生まれ変わった我が家

今回ご紹介させて頂くリフォームは、どのお宅も避けて通れない外壁塗装をご紹介いたします。塗装工事は大きく分けて2つに分られます。

① 家を保護する為の塗装工事

1)ひび割れ、(サイディングの場合にはシーリングの割れ・劣化など)を処理して塗装する塗装工事です。

    ←サイディングの版間シーリング劣化による割れ

(サイディング下の防水シートがシッカリ施工されていれば雨漏りは大丈夫)

保護=防水処理をすることにより、家の耐久性を向上する為に行う工事になります。

② 家の美観を整える塗装工事

 1)劣化による補修を簡単にすませ美観を整えることを目的とした塗装工事です。例えば、店舗新装時や改装時などがこれに 

  あたります。

建物は常に厳しい環境条件下にさらされています。(雨・風・紫外線等)塗装の劣化は外壁の傷みの原因となります。雨・

風や日射・紫外線など自然環境から建物を保護する際に、塗装は大きな威力を発揮します。塗装の劣化は建物の傷みを早め

る直接的な原因となるので、早めの点検と塗り替えが大切です。塗料の種類は、一般的な物でウレタン・シリコン・フッ素

と3種類あります。

●ウレタン●

耐久年数は約十年。塗膜に光沢があり、硬度・耐薬品性にも優れています。但しシリコンよりも耐久年数が短く、変色の

可能性もありますので、塗り替え目的と、維持したい期間を考える必要があります。

●シリコン●

耐久年数は約十二年~十五年。塗膜に光沢があり、弾性力があります。コストパフォーマンスが良く人気が高い塗料で

す。但し、多種のシリコン塗料がありますが、シリコン含有量の規定がない為、一斗缶に1%でも添加してあればシリコ

ンだと販売されていますので、値段だけに惑わされずシリコン含有率が高い物をお勧めします。

●フッ素●

耐久年数は約十五年~二十年。光沢感があり、防汚性も良いです。外壁はもちろん塗替えがなかなか出来ない屋根にも向

いています。注意点は塗膜が硬く弾性がある塗料に比べ、建物にヒビが入った時に一緒に塗膜にもヒビが入る可能性が挙

げられます。また、耐久性が高いのは魅力的ですが、価格も高い事から、一般的にあまり多くは使われておりません。

 

お客様から「外壁の塗り頃はいつですか?」とよくお問い合わせを頂きます。諸説ありますが通常、壁の塗装は十年位で劣化が始まり、十年から十五年程度に一度が塗り替えスパンの目安です。しかし使用されている塗料の性能や周囲の環境によって大きく違います。ひび割れや塗膜のはがれ、カビの発生がサインです。

屋根は普段目にしにくい場所ですので気付きませんが、強い太陽光や雨風にさらされる為、寿命は短く十年程度です。さらに木部の塗装の寿命はさらに短く、三~五年が塗り替えの目安となります。

今回の写真のお宅は、築十五年のモルタル壁のお宅になります。壁の劣化(ひび割れ)が多数確認でき、補修に時間がかかりました。お客様のご希望が、家を保護しながら今風のデザインを取り入れたいとの事でしたので、2種類の塗装を塗り分ける事で、ご希望の外観が実現出来たのではないかと思います。ご近所からの評判もよく今まで以上に家に愛着がわきました 」とお客様から喜びのお声を頂きました。

 ←どちらも施工後の写真です♪♪

⇑⇑⇑素敵に生まれ変わりました。

一戸建てを所有されている方なら誰しもが気になる外壁塗装、まずは是非ご相談か

らはじめてください。

あんしんのリフォーム工事は、ここからスタート!無料見積り・お問い合わせは今すぐ!
  • 電話でのお問い合わせも今すぐ!
  • 本社/上野田あんしん館0120-17-7654
  • 所沢あんしん館0120-22-0610
  • 大宮あんしん館0120-12-9721